少年でも,成年と同じような刑事裁判を受ける場合はありますか。

被疑者が少年であっても14歳以上であり,その犯罪が法で定められた一定の犯罪である場合,家庭裁判所の判断で再度,事件を検察庁に送致する場合があります(逆送)。この場合は,成人と同様の刑事手続きになります。