少年が非行を犯したけれども逮捕されなかった場合,その後の捜査はどのように進められるのでしょうか。

少年が非行を犯した場合であっても,逮捕・勾留がなされないままその後の捜査が進められることがあります(これを「在宅事件」といいます。)。この場合,非行を犯した少年は,警察署や検察庁で,数回程度の取調べを受けることになります。取調べの際,大人の刑事事件と同様,少年には黙秘権があり,言いたくないことについては黙っていても構いません。また,供述内容にかかわらず,供述調書の署名・押印を拒否することも構いませんし,読み聞かせの際に調書の訂正を求めることも可能です。もちろん,在宅事件であっても,弁護士を選任する権利は認められています。