要保護性

要保護性とは、一般的には、少年が将来的に再非行に至る可能性をいいます。具体的には、(1)少年の性格や環境に照らして将来再び非行に陥る危険性があること、(2)保護処分による矯正教育を施すことによって再非行の危険性を除去できる可能性があること及び(3)少年の保護の相当性が認められることなどの事情が存在する場合には、要保護性が肯定されることになります。
少年事件においては、非行事実が軽微であっても、要保護性が高い場合には、少年院送致などの重い処分が下される可能性があります。そのため、少年事件における弁護活動においては、要保護性を解消するための活動が極めて重要となります。