試験観察

試験観察とは、不処分や少年院送致などの終局処分をする前に、少年の資質、反省の程度などを調査するため、相当な期間調査官の観察に付する中間処分です。試験観察の期間は、少年が社会内で更生できる可能性を試す期間でもあります。
少年は、この試験観察の期間中、家族や友人との関係を整理・再構築したり、就職活動などの社会的行為を行うことで、社会内での更生可能性が十分にあることを示すことになります。