触法事件

14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした少年を「触法少年」といい、かかる触法少年に関する事件を「触法事件」といいます。14歳未満の少年は刑法上、刑罰法規に触れる行為を行っても犯罪とはならず(刑法41条)、捜査機関が触法少年について捜査を行うことも許されません。
そのため、触法事件においては、原則として児童相談所などの児童福祉機関が触法少年についての調査を行って処遇を決定することとなっています。そして、児童福祉機関が相当と認めた場合にのみ家庭裁判所に触法少年を送致することになります。